梅雨に入り、せっかくの休日が雨・・・と言う日も多くなってきましたね。そんな時は外に出ず、家で過ごす時間が多くなり、自然と座っていることも多くなりますね。リビングのソファでくつろぐのも良いですが、今回は、もう1つのくつろぎスペース「ダイニング」に目を向けてみたいと思います。

 

さて、家族が集まって食事をしたり、ちょっと書き物や読書をしたりして、毎日使うダイニングスペースですが、そのテーブルとイス、本当にあなたの体に合っていますか?体に合ったものでないと、姿勢をくずしたり、逆に疲れる事もあるので、悪影響は意外に大きいものです。

今回はテーブルとイスの適切な高さについて考えてみたいと思います。

物件名:ベルウッドⅠ 東京都八王子市別所

①まずは自分に合ったイスの高さを計算

こちらは人間工学に基づいた計算式があります。

『 身長 × 0.25 』= 適切なイスの高さ

実際はクッションがついたイスなどがあるため、あくまで目安ですが、身長160cmの人はちょうど「40cm」になりますね。

 

 

 

②テーブルの高さを求める

こちらも人間工学に基づいた計算式があります。

『 ①で求めたイスの高さ + (身長 × 0.55 ÷ 3)= 適切なテーブルの高さ 』

例えば身長160cmの人だと

物件名:ストークコート  神奈川県川崎市川崎区大島

――――計算―――――――――――――――――

160cm × 0.55 = 88

88 ÷ 3 = 29.3

40cm(←①で求めた数値) + 29.3 =69.3

適切なテーブルの高さ = 69.3

――――――――――――――――――――――――

と言う事になります。

 

物件名:VIDA♯38  東京都荒川区西日暮里

③ダイニングテーブルは少し低めが使いやすい。

算出したテーブルの高さですが、テーブルの用途によって、微妙に高さを変えると、さらに使いやすくなります。書斎のデスクなども少し低めにした方が良いですね。

★食事の時・・・-2cm ~ -3cm

★読書の時・・・-0cm ~ -2cm

★筆記作業の時・・・-0cm ~ -2cm

★タイピングの時・・・-3cm ~ -5cm

※個人差があります。

 

購入するときの注意点!

『 海外製品と国内製品の違い 』

●世界最大の家具メーカー「IKEA」の場合●

テーブルの高さ 73cm ~ 74cm

イスの高さ   43cm ~ 46cm  となっています。

この高さですと、だいたい身長が「170cm~180cm」の人に合うサイズです。日本人の平均的な身長ですと、少し高く感じてしまうかもしれませんね。

 

●国内メーカー「ニトリ」の場合●

テーブルの高さ 70cm(高さ調節ができない物)

イスの高さ   42cm ~ 43cm   となっています。

この高さですと、だいたい身長が「165cm~170cm」の人に合うサイズです。どちらのショップも家具が展示してあるので、一度試してみるのもいいですね。

 

【写真】ロータイプのダイニング            サイズは                      テーブル・・・64㎝ 前後               イス・・・37㎝ 前後    のものが多いようです。

ひそかな人気の『ロータイプのダイニング』

座った時に足がしっかり床につくので、ゆったりした姿勢で座る事のできるロータイプのダイニング。【右の写真】インテリアの視点から見ても、ほかのダイニングテーブルよりも背が低いため、圧迫感がなく、お部屋が広く見える効果があります。

物件名:アドレイション下北沢                東京都世田谷区大原

 

 

 

いかがでしたでしょうか?テーブルとイスは毎日使うものなので、インテリア性だけでなく、機能面にもこだわりたいですね。使いやすさには個人差がありますが、自分にあったテーブルとイスを見つけて、おしゃれで快適な空間のなか、梅雨の時期を過ごしたいですね。

インテリアコーディネーターが、
おしゃれな家具やインテリアをご提案いたします。
お気軽にご相談ください。
------------------------------------------------
東京・神奈川・横浜のお部屋をコーディネート
アズ・ブリック INTERIOR COORDINATE
------------------------------------------------